考えすぎる人が生きやすくなるための考え方

オウム真理教信者へのインタビューの本「約束された場所で」を読んで思ったことです。考えすぎてもあまりいいことないです。考えすぎる人は納得しないと気が済まないことが多い。

つまり、論理的に理解しないと気が済まないってことです。

でもこの世の中って矛盾してることだらけですよね。

だから、病む。そういう細かいところは適当にして、好きな歌聴いたり、YouTubeみたりしてるから、みんないきてられるんです。

信者の人は、そんな矛盾だらけの世の中にいきにくさを抱えてる。だから、答えを全て用意してくれたオウム真理教にどっぷりハマった。

ここから、世の中は矛盾前提だから、細かいところは適当でいいということ。

僕も考えすぎるとこあるので、細かいのはほっといて重要なところガンガンやっていきたいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です