【大学受験】予備校なしで1ヶ月でセンター英語8割をとった勉強法

こんにちは


僕は関西大学に予備校なしで、現役合格しました。

受けた学部はすべて受かりました。

正直、余裕でした。

そんなこというと最初から頭よかったんでしょ?

と思うかもしれませんが、全くそんなことありません。

僕は高校受験を死にものぐるいでがんばりました。

睡眠時間は4時間で、夜中1時に寝て、5時におきました。

ごはんを食べながらリスニングをし、移動時間は常にこばしりで、一番に塾に行
きました。

合格体験記を何度も読んで、気持ちを高ぶらせました。

文字どうり、死ぬ気です。

しかし成績はピクリともあがりませんでした。

でも、誰よりもがんばったという自負があったので、

志望校を受験して落ちました。

僕の頭は良くありません。

容量が良い人間の対極にいる人間です。

そんなぼくでも大学受験では塾なしで現役合格です。

関関同立です。

ではなぜこんな不器用で頭も悪いぼくが、関西大学に受かったのか。

その理由をいまならはっきりと断言できます。

それは

正しい勉強法と正しいマインドを学びまくったからです

マインドというのは考え方のことです。

ぼくは受験勉強をする前に、勉強法とマインドの勉強をしまくったんですよね。

脳科学的観点から、海馬と記憶の関係とかね。

周りが、英語の長文解いてる間にぼくは勉強法とマインドばっかり学んでまし
た。

でもそれを学びまくったら、マジで余裕でした。

周りが英単語を書きまくるとかいう、修行をしてるんでね。

今回は英語の勉強法とマインドについて書きたいと思います

では以下本文です。

 

英単語がすべて‐

突然ですが大学受験の英語は英単語で決まります。

そんなの、だれでもやっているよと思うかもしれませんが

本当に完璧ですか?全問正解できますか?

僕は英単語を確実に200周以上しました。

ていうか最初の一か月は、英単語しかやらなかったです。

一日、3週くらい毎日やりまくってください。

そしたら、すらすら長文が読めるようになります

これも考えてみたら当然です。

日本語で、助詞の「が」とか「は」の意味を知っていても、リンゴの意味が分か

らなかったら、「私はリンゴが好きです」の意味がわからないですよね

僕は一か月単語をやりまくったらセンター英語167点をとりました。

はじめは100点くらいだったので、67点あがりました

あとこれは超絶大事なことですが、

記憶は繰り返すことでしか定着しません

全然おぼえれないー。とか言ってる暇があるならひたすら繰り返してください

海馬にびっちり刻み込んでください

あと絶対に書いてはいけません。

ノート真っ黒に書いている人がいますが、書いても覚えません

だって、親の顔を思い描いてみてください。

あなたは親の顔をかいて覚えたのではないと思います。

まわりが英単語10個を3回書く間に、ぼくは10個を30回見ます。

そうすると圧倒的な結果がでます

ちなみに僕は英単語100周やった時でも正解しない単語がありました。

受験生で英単語を完璧にしている人は1パーセント未満です。

みんな英文法やったり、英語長文に手をだしたりしているから、

英単語がいつまでたっても完璧にならないんです

あと僕のおすすめの単語帳はターゲット1900です。

なぜなら、必要最低限」のことしか書いてないからです

これも大切な考え方ですが

やったほうがいいことは山ほどあるけど、絶対必要なことだけやる

ということです

シスタンのミニマムフレーズや、速読英単語の長文は

正直、ハードルを上げるだけです。

英単語、20個につき長文1個読むと思ったら

なかなか行動できません

基本を完璧にしたら受験は余裕なんです

この文章を毎晩繰り返し読んでください

マインドをちらばしていますので潜在意識に刷り込むまで何度も読んでください

そして感想や学んだことをコメントしてください。ひと言でいいです。

アウトプットする習慣をつけるんです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です