頑張ろうとするほど手が動かなくなる人へ

今回の内容は僕自身のメモでもあります。

 

というのも「ブログのネタ」は溜まっているのに、最近更新できていませんでした。

 

なんでかなと考えると「良い記事を書こうとしてしまっていた」からだなと。

 

残しておいて、後で復習できるようにしておきます。

 

完璧主義は良くない

 

「良い記事を書こう!」というのは完璧主義の考え方です。

 

完璧主義っていうのは高い目標を設定し、自分を厳しく見る傾向のこと。

 

完璧主義はビジネスにおいて良くありません。

 

なぜかというと完璧主義で目標を高くしてしまうと、行動のハードルが高くなるからです。

 

たとえば受験生が「今日は10時間勉強しよう!」とすることがあります。

 

しかしなかなか実行できる人は少ない。特にそれまで2~3時間しか勉強していなかった人が「10時間しよう!」と思ってもほとんどできません。

 

さらに、「なんでできないんだ」と自分を責めてモチベーションまで落としてしまうのです。

 

ビジネスでも同じです。

「読者に有益な記事を書こう」と思うと、「有益な記事を書かなければいけない」とハードルが上がりすぎる。

 

毎日、手を動かして習慣になっている人ならいいんですが、そうじゃないなら目標は高くすべきじゃない。

 

100点を取ろうとした結果、0点を取ることになります。

 

それよりも30点でいいから、得点したほうがいいのは明白。

 

持つべきは「完璧よりも完成」のマインドです。

 

フェイスブックを作ったマーク・ザッカーバーグの

「Done is better than perfect」

の日本語訳ですね。

 

まず終わらせてしまって、それから修正した方がいいということです。

 

フェイスブックだって最初はただのマッチングアプリ。というかマッチングアプリですなく学校内の女子の顔を比べて勝ち抜きさせるソフトでした。

 

そのソフトを作った5ヶ月後にはフェイスブックを立ち上げ、7年後には8億人のユーザーを持つ世界最大のSNSになっています。

 

最初は20点でもいいからとりあえず書き上げる。かきあげたあとに修正していき50点→70点としていくのが良いマインドです。

 

この記事だってそうです。

 

具体例が足りないんじゃないか

タイトルが魅力的ではないんじゃないか

丁寧な構成を作った方がいいんじゃないか

 

そうと思ったとしても、そんなことは後回し。

 

いちばん大切なのは終わらせることのみ。

 

とにかく完成。完成させてから修正です。

ABOUTこの記事をかいた人

実績0→月10万を達成。大学生Webライター。うつ病×対人恐怖症→30万の情報商材を12分割で買う→5000円しか稼げない→Webライター開始→17日で収益5万達成→現在1年半。相談や悩みはお気軽にDMへどうぞ!