「疲れているな」を15分でで解消する方法。朝散歩のすすめ。

こんにちは、わかばです。

今日は僕が数年間実践しており、仕事パフォーマンス・モチベーションを保つのに重要だと感じている、「朝散歩」について話します。

 

毎日の仕事をこなすなかで、以下のような状態になったことはありませんか?

 

・朝起きても、動く気がしない

・気分がどんよりと沈んでいる

・PCに向かっても全くやる気が起きない

・イライラしやすい

・未来に対する不安をずっと感じている

このような人には、15分の朝散歩をおすすめします。

 

15分の朝散歩を実践すれば

・起きたときの気分がいい

・仕事への活力を感じる。

・今日という日を充実したものにしようと思える

・集中力が高い

状態が手に入ります。

 

たった15分の投資で上記の状態が手に入るなんて、コスパがよすぎますよね。

 

「ほんとにそんなことになる?」と思うかもしれませんが、

これは僕が体験してきた効果かつ、科学的に説明できる効果です。

 

なぜたった15分の朝散歩で上記の状態になれるのか。

それはセロトニンが活性化するからです。

 

セロトニンとは一言でいうと「気分や意欲」をつかさどる脳内物質。

 

朝、外にでて、晴天をみて、「青空が気持ちいい。爽やかな朝だなあ」と思う。

キャンプにいき、大自然に囲まれて「自然がきれいで落ち着くなあ」と思う。

 

このとき私たちは、セロトニンが分泌されています。

 

反対にセロトニンが低下している時、最初に書いた

・朝起きても、動く気がしない

・気分がどんよりと沈んでいる

・PCに向かっても全くやる気が起きない

・イライラしやすい

・未来に対する不安をずっと感じている

という状態になります。

 

 

たとえばうつ病というのは、セロトニンが究極的に下がった状態です。

 

気分が重く、どんよりとして憂鬱。何もしたくない。人と会いたくない。気力もわかない。「この世の果て」のような気分で、いきていてもしょうがないと感じる。

 

セロトニンが下がりすぎると、このような状態にまでなってしまいます。

 

先程もいったとおり、セロトニンは朝散歩で出ます。

 

正確には

・朝日を浴びる

・リズム運動(ウォーキングなど1,2,1,2とリズムが取れる運動)

・咀嚼

の3つでセロトニンは活性化します。

 

朝散歩をすれば、

・朝日を浴びる

・リズム運動

の2つをクリアできるのです。

 

15分~30分の朝散歩が最もセロトニンは活性化しますが、30分以上行っても変わらないことがわかっています。

また5分間行なうだけでも、セロトニンは分泌されるので、時間が無い日は5分朝散歩がおすすめです。

 

僕は基本15分行い、時間がない日は5分、さらに時間がない日は外に出て1分だけ日光を浴びます。

ちなみに、この記事は20分の朝散歩した直後に書いています。

朝、外に出る習慣をつけることが大切です。

 

とはいえ、最初はなかなか実践が難しいはず。

 

コツは前日に着替えを準備しておくことです。

 

起きてから、服を選んで着替えてとするのではなく、

起きたらすぐに着替えて、外にでるのです。

 

そうすればかなり続けやすくなります。

 

ということで朝散歩についてでした。

ABOUTこの記事をかいた人

実績0→月10万を達成。大学生Webライター。うつ病×対人恐怖症→30万の情報商材を12分割で買う→5000円しか稼げない→Webライター開始→17日で収益5万達成→現在1年半。相談や悩みはお気軽にDMへどうぞ!