アウトプットが苦手な人が得意になる方法

こんにちは、今日はアウトプットについて。

アウトプットが苦手?

アウトプットに苦手もくそもありません。ただ覚えてないことをアウトプットしようとしてるから、苦手と錯覚してるだけです。

そして苦手と錯覚して、繰り返すのをやめるから覚えられません。覚えられないから、苦手だとなって悪循環に入っていくわけです。

アウトプットが得意になると生産性が爆発します。正直、いいことしかなさ過ぎて書ききれないですが。

例えば、お金が稼げる。これをブログに書いて、YouTubeで投稿して、Twitterでつぶやけばそれだけでレバレッジの利く資産になります。そのお金でまた自己投資して、情報発信してお金になるという好循環。

それに当たり前ですがお金も信用も発信する側に流れてきます。道を歩いているだけの人にお金やチャンスを上げる人はいませんが、道でギターをもって弾き語りをしていれば、投げ銭やSNSをフォローしてくれる人がいます。

あとはしゃべれる内容が増えるので単純に面白い人間になります。僕も昔は人としゃべるのが苦手でした。特に二人きりが大の苦手。同性、異性関係なくです。体が緊張して何かをしゃべらなきゃとあせってさらにぎこちなくなる。

ですが今はむしろ好きです。深い関係を築ける可能性が高いから。昔は人と距離を取っていましたが、しゃべれるので自信が持てます。

本読んだだけで満足してない?

この一か月間本読みましたか?その内容を、今から説明してください。

できないですね、僕も難しいです。インプットはアウトプットがあって意味があります。

うまい絵をみてても、絵は上手になりません。モテる人に「あいつは顔がいいから」と言ってても、あなたはモテません。

絵が上手になりたければ絵を描いてください。モテたければ、情報投資して実践してください。

知識を得たかったらアウトプットしてください。これよくある、手段の目的化ってやつですね。知識を得ることが目的なのに、読み終わったところがゴールになってる。

とりあえずTwitterでつぶやいてみれば?

さっき見た本、記事、動画、映画のあらすじ。これらをよくアウトプットします。具体的には

・脳内で想起学習

・人にしゃべる

・Twitterでつぶやく

・ブログに書く

・YouTubeに投稿してみる(iPhoneで真っ暗な床を撮影してしゃべるだけでおっけー)

想起学習がまあ最強です。しゃべったりするのも、想起学習をしながらやってるようなものですから。だけどアウトプットは脳に負荷がかかるので、ハードルは下げたほうがいい。だからまずは、Twitterか、YouTubeのコメント欄に一言書きましょう。

「とてもためになりました」でオッケーです。

思い出せなくて不安になる問題

やってみるとわかるんですけど、全然思い出せません。そこでなんでさっきやったのにおもいだせないんだとなり、自分は頭が悪いんだ、才能がないんだとなります。

でもこれ当たり前なんですよね。繰り返してないからです。一発で覚えられるのは天才です。凡人は凡人のトップを目指しましょう。僕もそういうマインドでやってます。

とりあえず、まずはTwitterかYouTubeのコメント欄にアウトプットしてください。すべてはそこからです。そして、そこから人生が変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です