Webライターがブログをやるべき4つの理由【実績0だった僕の戦略】

PC

僕は初月から7万以上稼ぎ、現在も大学生をしながら月10万ほど稼いでいます。

しかし最初はWebライターの経験は0。特別な資格も全くありませんでした。本当に普通の大学生。

 

ではそんな僕がどうして順調に稼げたのかというと、、、

 

WordPressブログを運営していたからです。

 

Webライターを一年以上継続した上で振り返ってみても、ブログを運営する戦略はとても良かったと感じてます。

 

そこで今回は

・わかばの初月の実績

・Webライターがブログをやるべき理由

を詳しく解説していきたいと思います。

 

これからWebライターを始めたいと思っている人、思うように稼げていない人はぜひ一読ください。

 

わかばの初月の実績

ブログはやってなくてもたしかに稼げます。実際、いきなり案件をとって、実績を作り稼いでいった人もいるはずです。

 

ただ誰でもできることだとは思いません。

twitterを見ていても、なかなか案件が取れなかったり、稼げなかったりと苦戦している人も多い印象です。

 

ここではまずブログをやっていると、初月からこんな感じで稼げるというのを見せたいと思います

 

 

Webライター30日の収入:77605円

平均文字単価:1.04円

最高文字単価:2.5円

契約数:16本

 

 

1ヶ月目から文字単価1円、契約数も結構とれていることがわかります。

 

このころはクライアントとのコミュニケーションや営業方法、執筆に慣れていなかったので大変ではありました。

 

でも案件が取れずに悩むということはありませんでした。

 

むしろやればやるほど稼げるので、うれしくて没頭して取り組んでいた感じです。

 

没頭していると余計な不安もわかず、ただ目の前のことに集中できるのでよかったですね。

 

ブログをやっていれば

・案件が取れない

・文字単価1円が超えられない

・経験がないのにガンガン営業するの怖い

 

という悩みとは無縁のライターになれるんです。

 

何も資格もスキルも持っていないない人間にとってはブログはすごくいい戦略です。

 

Webライターがブログをやるべき理由

 

ここからはWebライターがブログをやるべき理由を詳しく解説していきます。

 

・初心者Webライターの実績になる

・Webライターの収入があがる

・SEOが学べる

・将来的にブログ収入を得られる

 

初心者Webライターの実績になる 

まず大きな理由としては初心者Webライターの実績になるということがあります。

 

初心者のうちは頭で理解していただけだったんですが、クライアント側になってみてから実感としてよくわかりました。

 

実績ない人に依頼するのリスクたかすぎる!! 

 

たとえば今、あなたの財布に入っている5000円を使って、人に執筆を頼もうとしていると考えて下さい。

 

クラウドワークスで募集したら次のような提案がきました。

 

A「記事の執筆させてください!実績なしの初心者ですが一生懸命がんばります!」

B「記事の執筆させてください!ブログを5ヶ月運営して、~という記事では1位を取っています!」

 

どうでしょう。

 

Aさんに頼むの怖くないですか。

Bさんならある程度の記事は書いてくれそうです。

 

Aさんだと、5000円を捨てることになる可能性があります。博打感が強いんです。

この記事でも書いてますが、クライアントはお金を払って記事を頼むわけですから、失敗したくないんです。

 

【ランサーズ・クラウドワークス】選ばれる提案文・応募文のポイント【テンプレあり】

 

ブログを1記事書いたことがあるだけでも、クライアントからするとリスクが全然違うんですね

 

またいきなり仕事取るのが怖いという人が慣れる意味でもブログはおすすめです。

全く記事を書いたことない人が、いきなり応募するのはハードルがかなり高いと思うんですよね。

 

僕もブログの経験がなかったら怖かったと思うし、twitterを見ていても思います。

 

自分のブログならいくらでも失敗OK。記事を書けるようになるまで、好きなだけ練習すればいいんです。

 

僕が最初に書いた記事は、本の感想でした。SEOとかのレベルじゃありません。

 

【感想】色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 村上春樹

 

書いたというより、メモしてた感想を整えてのせただけ。

 

ブログならこのレベルでいいんです。

自分の中の一歩進んでいくことが可能です。

 

Webライターの収入があがる

 

Webライターといってもどこまでを担当するかは案件によって違います。

 

例えば

・執筆のみ担当

・構成、執筆を担当

・キーワード選定、構成、執筆を担当

・入稿まで担当

などです。

 

当然、作業範囲が多いほうが相場も上がってくるわけです。

 

執筆のみだと文字単価0.8円のところ、構成もできると文字単価1.2円になるといった具合です。

ブログをやっていれば、上記案件のタイプ全てが受注可能なんですね。

 

振り返ってみると僕も初月で、すべてのタイプを受注していました。

また自分から文字単価交渉も可能です。執筆のみの案件でも「入稿まで担当するかわりに文字単価上げてください」といえば、通りやすくなります。

 

SEOが学べる

これも大きなメリットです。Webライターの場合、SEOの記事を書いている人が多いと思います。

 

ブログをやっていくと、記事レベルのSEOではなく、サイト全体レベルでのSEOの経験値が手に入ります。

「自分でキーワード選定をして、記事を書き、結果を見て修正するという作業」を経験できるんです。

 

一度自分で経験したことがあるのとないのとでは全く見える景色が変わってきます。

例えば僕の場合は、SEOの知識の少ないクライアントさんにいくつかキーワードを提示して「最終的にはこの記事にアクセスを集めてオファーするとよいかと思います。SEOの視点でいうと~」など提案したことがあります。

 

クライアント視点で記事が考えられるので、「記事を書いてくれる人」から「一緒にサイトを盛り上げてくれる人」に昇格できるんですね。

こうなればそうそう契約が切れることはありません。

 

将来的にブログ収入を得られる

これもブログをやる大きなメリットです。

Webライターはクライアントがいての仕事。働かなくなったら収入0です。

 

しかしブログは資産になります。

 

一度記事を書いたらアクセスを集め続けてくれるので、書けば書くほど資産をためていける。

そして一回導線を作ってしまえばブログが働き続けてくれるので、放置して稼げます。

 

これを聞いたらWebライターやらずにブログやったほうが良くない?と思う人もいるかもしれません。

ですがブログはWebライターに加えて難易度が超高いです。

 

一年間継続して月収1,000円が普通の世界。そこまで長期的な努力をできる人はすごく限られてる。

 

なので僕はWebライター→ブログをおすすめしてます。

 

ブログの作業の一部をWebライターが担当してる感じなので、Webライター→ブログの方が、順調にステップアップしていけます。

 

僕も一ヶ月ほど前からブログにも少しずつ力を入れているのですが、すでに1万円稼げました。

今後もWebライターをやりつつコツコツ書いて、資産をためていくつもりです。

 

ブログの始め方

ここまでWebライターがブログをやるべき理由を解説してきました。

ブログのやり方はこちらの記事に書いてあります。

 

WordPressブログの始め方【画像19枚付き】

 

このやり方だと月1,000円で使えて、10分でブログを始められるのでおすすめです。

 

まとめ

 

ここまでの内容をまとめます。

 

〈ブログをやるべき理由〉

 

・初心者Webライターの実績になる

・Webライターの収入があがる

・SEOが学べる

・将来的にブログ収入を得られる

 

ありがとうございました!

 

ABOUTこの記事をかいた人

実績0→月10万を達成。大学生Webライター。うつ病×対人恐怖症→30万の情報商材を12分割で買う→5000円しか稼げない→Webライター開始→17日で収益5万達成→現在1年半。相談や悩みはお気軽にDMへどうぞ!